製薬マネー

ステロイド剤

皮膚科医の『ステロイド剤外用薬の副作用』解釈 ②

酒さ様皮膚炎の治療の基本はステロイド外用薬の中止ですが、その際にニキビ様皮疹の増悪、浸出液、紅斑の増強、浮腫など相当な悪化が見られるのが通常です。 その状況で、抗生物質含有軟膏、抗生物質の内服、抗ヒスタミン薬の内服などを行うのが標準的治療ですが、上記のような著しい悪化を避けてステロイド外用薬を離脱する方法があります。
ステロイド剤

皮膚科医の『ステロイド剤外用薬の副作用』解釈

今回は、ある皮膚科医のブログよりステロイド剤副作用について批評してみたいと思います。メカニズムゼロ、結果論のみで「上手く使用しないから副作用となる」論となっています。本当に何も知らないんだね。こんな皮膚科医が診断・処置しても解決に至らないのは明白だし、ステロイド剤薬害判断して進まないと、さらに被害者は増えることになりますね。今回から、5~6回に分けて小刻みに報告してゆこうと思います。初回はこちら・・・。
ステロイド剤

【皮膚科医の戯言】ステロイド外用薬を考える

今回は、相も変わらず『ステロイド剤外用薬を考える』と題して、ステロイド剤の僅かなメリットとされる内容で、メカニズムもなく使用方法に徹した読む価値なしのコラムだが、ここでは『日本の皮膚科学会の無知さを露呈している』内容なので、じっくりお読みください。こんな処置なら小学生でもできる・・・と思うでしょう
アトピービジネス

【皮膚科医の戯言】アトピービジネス手法

元国立大学皮膚科教授のブログですが、この書き込みをすればするほど、皮膚科医全体の治療レベルの低さ、医者使命感の低さが露呈されていることに気が付かず、『俺毎日書いてるんだ、凄いだろう』と言いたげなブログだが、小生からすればあまりにも幼稚なレベルで笑いすら出る。が、、、抜き取りながらコメントしてみよう。
Q&A

【Q&A】生後6か月、生後間もなくから保湿していますが・・

6ヶ月まで沐浴剤を使用。将来の肌への影響が心配です。 長くなりますが、切実です。7月生まれの5ヶ月の子供がいます。最近離乳食を始めました。
アトピーの原因

日本の皮膚科医の戯言(たわごと)理論シリーズ②

最近、アトピーに関する専門家のコメントなどを拝察している中で、本当にこの先生大丈夫かなぁ?というコメントを多く目にする。いままで多くの子供たちを被害に遭わせてきた理論が、未だまかり通っていること、まったく進歩のない皮膚科医・小児科医の現状をここに掲載してゆこうと思う
アトピーの原因

日本の皮膚科医の戯言(たわごと)理論シリーズ①

最近は、サイト検索・相談数が格段と減ったので、アトピーに関する専門家のコメントなどを拝察している中で、本当にこの先生大丈夫かなぁ?というコメントを多く目にする。いままで多くの子供たちを被害に遭わせてきた理論が、未だまかり通っていること、まったく進歩のない皮膚科医の現状をここに掲載してゆこうと思う。
アトピーの原因

アトピー医療は崩壊した~さらに被害者急増~

製薬マネーが多くのアトピー患者を作り上げている 結果的には、日本では700万人へステロイド剤処置、200万人以上の成人ステロイド皮膚炎の被害者がいます。コロナどころではない被害者がいるのに、未だに薬害認定されていません。それは、官僚と医師会と官僚の三つ巴の仕組みが成り立っているからなのです。アトピー患者なんてどうでもよいのです。痒がろうが痛がろうが眠れなかろうが死のうが関係ないのです。
アトピービジネス

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【27】『アトピービジネスはいかに衰退したか』

あなた方が治せないから、信頼がないからみんな民間療法に流れるのですよ。何の質問をしてもまともな答えが返ってきたことがないという評判ですよ。このまま標準治療というステロイド剤両方を続けると体を壊されるという不安で逃げるんですよ。ま、あなた方は痛くも痒くもないのでしょうが、患者さんは大問題なのです。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【26】『我が孫アトピー物語』

ここに今回のテーマは、我が孫のアトピーを半年ほど前に綴っていたが、その後何も書かなくなったので、ステロイド剤処置で失敗したなと思っていた。今週は、その期待通りに書き始められたので、楽しみにしている題材です。『我が孫アトピー物語』を批評してみよう。
プレス批評

アトピーの本当の改善(克服)をさせたことのない無知な小児科医の新薬への能書き

【赤嶺コメント】 みなさん、この薬でアトピー解決できると思いますか?これまでも「ステロイド剤」、「プロトピック軟膏」がダメで、昨年販売開始となった「ディピクセント」、そして今年「コレクチム軟膏」が発売となり、少しづつ使用報告もSNSなどにされています。
アトピービジネス

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【23】『アトピービジネス代表的手口』

ここに今回のテーマ『アトピービジネス代表的手口』を批評してみよう。代表的な手口とは、下品な感性をお持ちですね。私から言わせると、理論もない克服例も少ない、やればやるほど患者の体と心を蝕んでゆく標準治療、特に◎原療法ほど悪質な代表的な手口を思うけど・・・・
アトピー性皮膚炎

生死を彷徨うコロナ患者にステロイド剤~この強力な薬をアトピー乳児に処方する日本の皮膚科医たち(標準治療)~

出たぁ~。ステロイド剤の化けの皮が剥がれたと思うのは自分だけだろうか。 コロナウイルスによって多くの命が奪われたと、世界的な報道は全世界の人々を恐怖の渦に巻き込んだ。日本においても、緊急事態宣言によって自粛を余儀なくされ、人の心も経済も100年に一度の大恐慌を経験することになる。
アトピービジネス

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【20】『記憶に残るアトピービジネス』

一番インパクトが強かったのは、「桃源」というネット販売していた中国製のクリームでしょうか?ステロイドは含有されていないとホームページに謳ってありましたが、実際分析すると最強ランクのステロイドが含有されていました
アトピー批評

ある中学生の悲鳴 ~何で私だけこんな肌に~

もうこんな自分の体と向き合って行ける気がしません。本当に辛いです。 時には死にたいなんてことも思ったことあります。 アトピーは体だけでなく精神にもくるから、身体ともにボロボロです。
アトピー性皮膚炎

理論のないエビデンスを信じる幼稚な医者たち~被害者が増えるわけだ~

昼も夜もつらそうに体をかきむしる。子どものアトピー性皮膚炎は、親御さんにとってもつらい病気です。それでもケアをしていれば自然に治るのならいいのですが、実際のところはどうなのでしょうか。気になるところを専門医がエビデンスとともにお答えします。
タイトルとURLをコピーしました