Q&A

【Q&A】4歳のお子様の脱軟膏、脱保湿について

2歳ころから、身体(手足)がカサカサしだし、保湿をするようになり、今では朝昼晩ギトギトになるくらいしっかり保湿をしないとダメなくらい乾燥肌になってしまいました。季節の変わり目などはアトピーが出やすく、そんなときはヒルドイドやグリチルリチンの入ったお薬て対応していました。
アトピー性皮膚炎

ある方のコラム = 同感

全く治らない毒薬を馬鹿に売りつけて大儲けしている死神たちです。 みなさまの保険料でボロ儲け!
アトピーの原因

アトピー医療は崩壊した~さらに被害者急増~

製薬マネーが多くのアトピー患者を作り上げている 結果的には、日本では700万人へステロイド剤処置、200万人以上の成人ステロイド皮膚炎の被害者がいます。コロナどころではない被害者がいるのに、未だに薬害認定されていません。それは、官僚と医師会と官僚の三つ巴の仕組みが成り立っているからなのです。アトピー患者なんてどうでもよいのです。痒がろうが痛がろうが眠れなかろうが死のうが関係ないのです。
アトピーの原因

海水浴場閉鎖に伴う家庭用プールで悪化

今年はコロナウイルス問題により、全国で多くの海水浴場が閉鎖された。最近の猛暑で少しでも涼みたいと家庭用プールに子供を入れるご両親が多く、悪化報告が頻繁に発生しているようです。あ、当方会員さんにも少しはいますが、他のサイトやSNSで目にします。
腸内細菌

【腸内細菌のちょこっと話】辨野先生のお話

約30年前、理研の光岡研究室に入った辨野室長は、「青春時代、腸内細菌とともに過ごしました」と語る。「細菌の種類によって繁殖条件が異なります。寒天培地を試行錯誤して作り、細菌を1つ1つ数えて種類と数を記録する“職人芸の世界”です。とても根気と体力が必要で、しかも試料のふん便や培地は臭く、細菌感染の危険性もある。誰もやりたがらない研究テーマです。
Q&A

【Q&A】生後4か月

2万人を超える皮膚科医小児科医がいるのに、アトピーは増え続ける現実。もし、皮膚科医・小児科医がアトピー治療をしなかったら?・・おそらく今の10分の1の患者数となっていたでしょう。彼らはアトピーの原因も解決策も知らないというより、より厳しい環境に追い込む治療を行っている。・・・現実です。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【29】『アトピー患者さんへのワンポイントアドバイス』

ここに今回のテーマは、『アトピー患者さんへのワンポイントアドバイス』を批評してみよう。皮膚科医としてアトピー原因や克服理論の研究実践ではなく、ステロイド剤を批判する治療法に対しての撲滅に一生をささげた先生です。 よって、アトピーのことを全く理解していない先生の言葉となります、これが国立大学の元皮膚科医教授のレベルです、しっかりご覧ください。
プレス批評

公僕が税金垂れ流しの標準治療をごり押し~民間療法を行うと重症化すると~

最後には少しだけ『因果関係は判らない』と記している。判らないなら、こんな場所で述べるもんじゃないし、勉強されて国家公務員の仕事に邁進しなさいって言いたいし、製薬会社からの金は返金しなさいと言いたい。そして、製薬会社との金銭関与が無くなって、我が子がアトピーになったときにどうするかという判断で述べなさい。っていいたい。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【28】『アトピー診療の間違い』

まず、少し間違いを。「あとから塗ったステロイド外用薬の効果が、最初に塗ったステロイド外用薬で減弱されます。」は、最初に塗った保湿剤で減弱されますですね。というか、間違いは間違いであることを指摘しますって、あなた自体が正解を知らないのですから、指摘しても何の意味もありませんよ。
Q&A

【Q&A】3歳女の子の相談

1歳頃から指がカサカサして手首、ひじ、ひざの裏が赤くなり始めたので、皮膚科に行きはじめました。最初はヒルドイドをもらっていたのですが良くならないので、アレロック顆粒やマイザー軟膏を出してもらいました。アトピーですか?と聞いたのですが保育園に行っていると手を洗いすぎるからそのせいだと言われたのでずっとアトピーだと思っていませんでした。
アトポス便り

不都合な事実、抹消される ~IT巨大企業思いのまま~

事実、google、yahooの検索では、当方のみならず有名な民間療法のサイトは一切検索されない。現在の情報収集は、インターネットとされていることから、アトピー性皮膚炎に関する情報はすべて標準治療一色となっている。
アトピービジネス

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【27】『アトピービジネスはいかに衰退したか』

あなた方が治せないから、信頼がないからみんな民間療法に流れるのですよ。何の質問をしてもまともな答えが返ってきたことがないという評判ですよ。このまま標準治療というステロイド剤両方を続けると体を壊されるという不安で逃げるんですよ。ま、あなた方は痛くも痒くもないのでしょうが、患者さんは大問題なのです。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【26】『我が孫アトピー物語』

ここに今回のテーマは、我が孫のアトピーを半年ほど前に綴っていたが、その後何も書かなくなったので、ステロイド剤処置で失敗したなと思っていた。今週は、その期待通りに書き始められたので、楽しみにしている題材です。『我が孫アトピー物語』を批評してみよう。
プレス批評

アトピーの本当の改善(克服)をさせたことのない無知な小児科医の新薬への能書き

【赤嶺コメント】 みなさん、この薬でアトピー解決できると思いますか?これまでも「ステロイド剤」、「プロトピック軟膏」がダメで、昨年販売開始となった「ディピクセント」、そして今年「コレクチム軟膏」が発売となり、少しづつ使用報告もSNSなどにされています。
プレス批評

【プレス批評】アトピー性皮膚炎でステロイドを25年

副作用で地獄を見た女性 今回は、ニュージーランドの女性。5歳から25年間ステロイド剤を使用したことでの現在の人生観を綴っています。いじめ、白内障等々、厳しい状況からの離脱復活されたお話が、プレスされていましたので・・・・。皮膚科医Tさんは、25年を超えてもなをステロイド剤を処方します、恐ろしい方です。責任持てるのかなぁ。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【25】『アトピー性皮膚炎を治らないと諦めているのはなぜか?』

【赤嶺コメント】 先生、7割以上って、、、、。それはね、先生の治療方針では解決できないと判断して、民間療法に移ったか、脱ステ医師のところへ行ったか、自分で解決方法を見つけたかですよ。7割以上って、、、だったら、アトピーの問題など発生しませんよ。
タイトルとURLをコピーしました